何故、はげるのか?

人の毛髪が抜ける理由は様々です。、

 

円形脱毛症や抗がん剤による副作用も脱毛と言いますが、

 

いわゆる薄毛と言われる症状は青年期から始まり、額の部分や頭頂部が
薄くなっていきます。

 

男の薄毛 というのは、医学用語では、「男性型脱毛症」 という名前で、
思春期以降に額の生え際や頭頂部が薄くなっていく症状です。

 

 

この男性型脱毛症(薄毛)の原因には大きく3つの要因がります。

 

1.男性ホルモン

 筋肉質の体をつくり皮脂の分泌をう促すホルモンです。
 一方で、これらが毛髪をつくるもとの部分(毛乳頭)にある酵素により
 ジヒドロテストステロン(DHT)という強力なテストステロンにかわり、
 これがレセプター(受容体)と反応すると、脱毛を促すシグナルを発信します

 

 

2.加齢

 薄毛は年齢を重ねることにより発症する生理現象で徐々に進行していきます。
 思春期以降にはじまるの男性型脱毛症であり、幼児期からの薄毛は
 別の要因が考えられます。

 

 

3.遺伝的要素

 薄毛が遺伝するわけではなく、あくまでも”薄毛になりやすい体質” が遺伝するので、
 祖父や父親が男性型脱毛症だったからといって必ずしも自分が薄毛になるという
 わけではありません。

 

 

 

糖尿病の予防や治療が薄毛の予防と関係はあるのでしょうか?
→ 詳細はこちら

更新履歴